居宅介護支援センターふぉとりえ サービス案内

 

介護保険法にもとづいた居宅サービス計画書(ケアプラン)の作成

介護支援専門員(ケアマネージャー)が依頼を頂いたご利用者様のご自宅を訪問し、ご利用者様の状態やご希望をお聞きした上で、可能な限り自宅でその有する能力に応じ自立した生活を営むことができるように居宅サービス計画(ケアプラン)を作成し、実行するために各事業所と連携をとります。
プラン作成に当たってはサービス担当者会議を開催し、ご利用者様、ご家族、主治医、利用サービス事業所、行政等の担当者の意見をまとめた上で、ご利用者様が希望する生活を続けるために最も効率的な医療、福祉、その他の地域のサービスを組み合わせます。

一ヶ月に一回ご利用様宅を訪問して、新たな課題がないか、サービスが効率的に行われているかどうかを確認します。必要であれば関係事業所と連携してサービスの見直しをします。

 

要介護認定、更新の申請代行

ご本人やご家族ができない場合に区役所に認定や更新申請の代行をします。

 

要介護認定や更新時の認定調査

保険者から依頼を受けて認定のための調査にお伺いします。調査は認定調査員の資格を持った介護支援専門員が行います。

 

地域の高齢者の方の相談受付

保険者から「高齢者福祉なんでも相談所」の委託を受けて地域の高齢者の方からの相談を受け付けます。介護保険に限らず、お困りごとはなんでもご相談ください。

▲上へもどる